ウーマン

わきがの原因や改善方法を知ろう!|コンプレックスを即改善

わきがに関する基礎情報

腕を上げる人

わきがは、腋の下から強い臭いを放つ厄介な症状です。正式名称を「腋臭症」と言います。わきがの原因は、アポクリン汗腺から発生する粘り気の汗です。アポクリン汗腺は腋に多く存在し、多く発汗するほど強烈な臭いが発生するようになります。ただ、実はこの強烈な臭いは汗の臭いではありません。アポクリン汗腺から出る汗を栄養としている雑菌が、繁殖する際に放たれるものなのです。現在わきがに悩んでいる人の割合は、日本人の10人に約1人だと言われています。

わきがによる臭いと、汗をたくさんかいたときに発生する汗の臭い、この2つは全く別のものです。混同されがちですが、似て非なるものなのです。違いは、汗の出る汗腺と汗に含まれる成分です。わきがの場合はアポクリン汗腺から汗が出ますが、通常の汗はエクリン汗腺と呼ばれる汗腺から出ています。エクリン汗腺は、アポクリン汗腺とは違い全身にあります。粘り気はほとんど無く、99%が水分となっています。エクリン汗腺から出る汗は無臭ですが、長時間経つと気になる臭いが発生するようになります。臭いが発生する理由、それは皮膚に常駐している菌によるものです。汗をかいたまま放置すると、皮膚の常在菌が汗を分解し、それにより臭いが発生するようになるのです。エクリン汗腺から出る汗は無色無臭ですが、アポクリン汗腺から出る汗は乳白色をしています。タンパク質や脂質を多く含んでいるためです。

わきがは後天性の症状だと思っている方が多いですが、先天性のものもあります。今のところ先天性によるわきが発症に確かな根拠はありませんが、少なくとも親がわきがであった場合、その子もわきがになる可能性が高いと言われています。つまり親にわきがの症状が見られないにも関わらず発症してしまった場合は、後天性によるわきがである、と言えるのです。後天性のわきがの原因は、生活習慣によるものだと考えられています。食生活の乱れや習慣などが主な原因だと考えられているので、生活習慣を改善することによってわきがの予防及び改善を図ることができます。

わきがの症状を放置していても死に繋がることはありませんが、原因や症状によっては要治療となることもあります。特に後天性のわきがを発症した場合は、その原因が消臭効果の高い食生活の乱れや衛生面によるものであるケースが多いので、治療を受けることで十分改善させることができます。治療内容も食生活の改善や体の洗い方などの簡単なものなので、誰でも簡単に始められるでしょう。問題は先天性のわきがです。先天性の場合改善のしようのない「遺伝」が原因であると考えられているため、根本的な治療が必要となります。わきがの治療を専門としている病院は全国に数多くあるので、「わきがかもしれない」と思った場合はすぐに専門病院に診せに行きましょう。